ジャニーズと亀梨和也な日々

KAT-TUN大好き!
特に亀梨和也くんを溺愛中のかめすみれの日記です。
内容は賛美ばかりではありませんので、
続きを読むときは、ご注意ください。

※コメントレスは失礼させていただいてます。ごめんなさい! 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「サプリ」再放送を見て…
一日パジャマのままでウダウダ。
さいこーーーー!!!

HDDからDVDにダビングする作業をしつつ、せっかく昼間家にいるのだからと、
再放送のサプリを流し見。
ストーリーも画面もほとんど頭に入ってるので(苦笑)、
ダビングするのに画面を切り替えても無問題。

その程度の見方をしたなら……

なんて石田勇也はかわゆいの〜〜〜!!!

可愛すぎるゾ、このオトコ。

続きを読む >>
| サプリ | 17:48 | comments(19) | -
「サプリ」 最終回 感想 (言いたい放題の上に長い!)
「サプリ」最終回を観終ったとき、ほんと、どうしましょうねえ…って頭抱えました。
最後くらい、すんなり終らせてくれると思ったのに、そんな甘くはなかった(苦笑)。

感想書きます!と言いつつ、寝かせすぎて、もう、大方の感想は出揃ってるだろうし、
およびじゃない?およびじゃないよね〜って感じなんですが(笑)、
ま、このドラマの感想は最後まで書く!というのが、
私の中での決意だったので、書きます。

目新しいこと書いてるわけでもなく、
ほんと、初心貫徹のためだけに書いたような感想ですので、
どんな感想でも、読み流せるわ〜という方だけ、続きをどうぞ。



続きを読む >>
| サプリ | 23:40 | comments(29) | -
うーんうーん
サプリ終わりましたね。

見終わって、正直言って、感想の言葉が出てこなくて、困ってます。

ものすごい意志の力で、好意的に見て、勇也にロックオンして、
いい最終回でしたね、って書いちゃえばラクなんだけど…。
それにチャレンジすべきなのだろうけど。

実際、この時間までチャレンジしてたんですよ〜(苦笑)。
でも、私のにぶい感受性と乏しい理解力は、
流れていく画面に、何をどう感じていいのか、わかんない、と信号を出すばかりでした。

ギブアップ!

ちょっと時間を置いてみたいと思います。
なるべくなら、ちゃんとした感想を書きたいと思ってます。
ここまで、紆余曲折を経て、10話分、なんとか書いてきたんですもの(苦笑)。

明日になれば、すっきりと、何をどう書きたいのか、答えが出るといいのにな〜。
(私って、真面目すぎるんじゃなかろうーか。いやんなる!・苦笑)

| サプリ | 23:58 | comments(13) | -
気が付けば…
寝てました…(苦笑)。

仕事で帰宅が遅かったんですが、日付が変わってたのに、
ゆーくんがどんなに可愛いか、もう一度リピリピしてからツボを書こ〜!
なーんて、にまにま「サプリ」を見てたら、いつのまにかグーグー。

いやー、それにしても「サプリ」を、こんなにルンルンとリピしたのなんて、
初めて…かも(苦笑)。
だってね、あんなに箸にも棒にもひっかからなかった勇也というキャラクターを、
亀ちゃんったら、ものすごく魅力的な男の子として表現して、
「サプリ」というドラマを実質引っ張ってるんですもの!

そんな姿を見ると、本当によくやったね!って、
諦めずにこのレベルにまで持ってきた亀ちゃんの努力に、
ウルウルしちゃうしかありませんって!

私の「サプリ」感想を読み返すと、1話ですでに作品そのものに期待できないかも…
と感じて(苦笑)、
それ以降、亀ちゃんの旬の輝きで、その強い意志の力で、
なんとか良い方向に持って行ってほしいと、延々書き続けてるんですよね。

<マイナスの方向へ転がりやすいベクトルをどうプラスへ向かわせることができるか。
願わくば、そこでスターとしての、亀梨和也の本気を感じさせてほしい!>
だなんて、ものすごく難しいことを求めてるな…と思いながらも、
書かずにはいられなかった…。

亀ちゃんのあずかり知らぬところで設定されてしまった
勇也というキャラクターに阻まれながらも(苦笑)、決して諦めなかった亀ちゃん、
9話、10話で、ちゃんと<スターの本気>を見せてもらいましたよ〜!!

「サプリ」不評が決定的となってしまった頃のインタビューで、
「作品は一生」という言葉を語っていた亀ちゃん。
本当に、その言葉で自分を励ましていたんでしょうね。

今までは作品にもキャラクターにも恵まれて、そういう意味では、苦労知らずだった亀ちゃん。
初めての挫折、に近いものがあったこのドラマで、
それでも最終的には自分にとって、この作品にかかわったことを
プラスにしてしまった亀梨和也という役者さんに、
ああ、やっぱりこういうところが好きなんだなって、しみじみと惚れ直してます。

どんな時も、私たちファンの期待を決して裏切らず、前進し続ける亀ちゃんは、
ミナミじゃないけど「私の自慢です!」って、声を大にして叫びたーい!

むっくり起き上がったのが、明け方近くだったので、
細かいツボを書くには時間がなーい!と言い訳しようと思って書き出したのに、
なんか、違う方向にいっちゃったみたい…(苦笑)。

でへでへ。
ま、今はそんな気分だったということで…。
もうひと寝入りいたします。
おやすみなさーい!
(明け方なれど、日付詐称)


| サプリ | 23:59 | comments(7) | -
「サプリ」 10話 <たられば>感想
細かく詰めていけば、クエスチョンはあるものの、
「サプリ」を初めてドラマとして楽しめた回でした。
(ひとはソレを慣れと呼ぶ???のかもしれないけど)

勇也の心情にそった流れで、勇也が完璧主役だったからかしら…(笑)。

会社では、ちゃんと弁えたほどのいい後輩で、
オフではめちゃんこ可愛い、ちょっぴり頼りになる年下の恋人。
この立ち位置にくるまでの長かったこと!
(来週はもう最終回だよ〜!涙)

最初からそんな勇也だったとしても、
一般常識にとらわれて素直になれないミナミの葛藤とか、
優秀な恋敵、荻原の存在、勇也を誘惑する小悪魔ユリの出現などで、
いくらでも面白いドラマにすることができたんじゃないのかなぁ。

いろんな思いが錯綜する中、年上のデキる恋人にふさわしい男になろうと、
揺れながらもクリエイターを目指す勇也と
一人で頑張る必要はないんだと、幸せの価値はひとそれぞれなんだと気づいていくミナミ。
近づいたり、反発しあったり、思いやったり、行き違ったり、
亀ちゃんが演じる今の勇也で、魅力的な恋愛ストーリーを観たかった!
なんてね。
今日の勇也を観てたら、今更なことを思っちゃいました……テヘ。

まあ<たられば>はそれくらいにして…(笑)

勇也くん、あんなにミナミのことが好きで、頑張る!って宣言してたのに、
面接で、社会人としての至らなさに直面したからって、
スランプに陥ったミナミに、自分の存在はプラスにならないと悟ったからって、
荻原に社会人として完敗したからって、
だからって突如会社を辞めちゃうことはないんじゃない?
やっとやりたいこと見つかったんじゃなかったの?

あのー、ミナミは荻原とはもうなんでもない!って言ってたよ?
好きのベクトルを向けてもらってる実感もあるでしょ?
(そりゃ部屋に呼んどいて、なんもさせてくれないけど・苦笑)
なんで?
「オレじゃダメなんです」って、勝手に結論つけちゃうの?

その展開、亀ちゃんの演技だけ見てると、切なくて胸がきゅんきゅんなんだけど、
冷静に考えると、一人よがりで非常にゴーインな展開だなぁと(爆)。
そこにひっかかりはしたものの、全編可愛い勇也、男らしい勇也、
頑張る勇也、失意の勇也、いじらしい勇也などなど、本当に勇也の見所が満載!!
役者、亀梨和也の本領発揮で非常に見ごたえがありました。
(だから、最初から、こーゆー亀梨さんを全開にさせてほしかったのよ〜
イカンイカン、また<たられば>しちゃった)

このドラマ、しょっぱなから各種問題点噴出で、
亀ちゃんの中にも思うところはたくさんあっただろうけれど、
最後まで投げずに熱のある仕事をした、その結果がこの10話に全て出たんじゃないかと思います。
その頑張りを思うと、感慨無量。

ということで、勇也ロックオンの、どんなに勇也が可愛いか、愛すべき年下の彼か、
いじらしいヤツかという感想は、明日に続きまーす!(のつもりです・笑)
| サプリ | 23:59 | comments(8) | -
「サプリ」 9話 感想
「サプリ」、今日は感想を書いてしまうぞ!と、意気込んでました。
だって、書くと決めたものは、書いてしまわないと、落ち着かない(苦笑)。
書くぞ、と言っといて、時間切れなので続きは明日、
なーんて、そういう中途半端さが、一番イヤなんですよね…私自身
(昨日はどうしようもなかったんですが)。

このドラマ、ほんと毎回と言ってもいいほど、コロコロ雰囲気が変わるので、
まともに観てると混乱をきたすのだけど、今回は、前回のコメディータッチから一転、
ややシリアスな恋愛&お仕事ドラマ<恋する青年は大人になる!編>だったので、
勇也ロックオンを通すことができました。

本当に勇也のことしか書いてません!
つっこみ所は多々あるけれど、今回はあえて触れてません。
そういうのを期待されてる向きには、ごめんなさいという、
非常に実験的な感想…かも?!(笑)

続きを読む >>
| サプリ | 23:59 | comments(18) | -
「サプリ」 9話 感想の序章
火曜日のアクセス数が、毎度跳ね上がるのは、
いったい何を期待されてのことなんでしょうか?(苦笑)

ドラマとして観る、というスタンスに立つならば、
私にとっては(あくまで私にとって!ですから)、呆れてチャンネルを変えるか、
つっこむしかない、この「サプリ」というドラマ。

亀ちゃんが出演してるから観る、勇也を演じる亀ちゃんは可愛い、
でも、勇也というキャラクターがどうしても好みではない、
そのジレンマと闘い、亀ちゃんが出演するドラマにはちゃんと向き合いたい、
でも、思ってもいないことは書けない…
結果、過去8回、物議をかもし出しながらも、私としては正直に感想を書いてきました。

で、先週のおポンチ勇也で私のイライラと疲れはピークに達し、
どう書けば、自分にウソをつかず、かつ感想を読む人に不快感を与えずにすむのか、
入院中だったこともあって、この深遠なるテーマにチャレンジする前に
逃げちゃったところありました。

で、今週。
そのテーマは深遠すぎるので、元気だとしてもパスするしかない!と、思い至りました(苦笑)。

そこで、一度くらい、雑念(つっこみ所)に邪魔されず、
勇也だけを観る!ひたすら観る!を実践してみようかな、と思い立ったんですよね

すると、神のご加護というべきか、奇跡が舞い降りたというべきか?!
今週の勇也はおポンチじゃなかったんです〜!(感涙)

駄々っ子のオコチャマとしてではなく、普通の感覚の男の子として恋に一途!
採用試験に受かるために本気!
こういう勇也なら、私の好みの男の子として大丈夫。
心おきなく、勇也にロックオンできました!

と、ここまで書いて……、残念ながら時間切れです。
明日は大きな仕事があるので、寝不足になるわけにはいかないのです!

ごめんなさい!ごめんなさい!
続きは明日書きます(たぶん)。
もったいぶったタイトルつけちゃって申し訳ない! ペコペコ!!

| サプリ | 23:59 | comments(5) | -
サプリ視聴率について、思ったこと
退院に際しましては、心のこもった励ましの言葉をたくさん頂きまして、
本当にありがとうございました!
本調子ではないのなら、無理はしないように!という、言葉を肝に銘じて、
今日は立会いたかった仕事もガマンして、おうちでおとなしく過ごしました。

ただし、本屋さんに出かけることもないので、新しい情報はなーんもなし!
日記も何を書けばいいのかな…ですが、
そうそう、サプリの視聴率が16.3%に上がったというので、
ちょっと思ったことを書こうかなと。

それって、いよいよミナミと勇也のラブラブが、
ストーリーの中心になってきたという期待から?
24時間テレビ効果?
「ユウキ」を見た人が、亀梨くんの出てるドラマ、見てみようかな?と思ってくれたとか?
(と、Kさんに言ったら「単に何となくテレビ流してた人が多かったのでは」ですって。
さすが、リアリストKさん!苦笑)

でも、いつもより多くの人が見てくれたのが、あのおポンチ勇也かぁ…と
ちょっと複雑な気分になったりもして(苦笑)。
えー、素直に喜ぼうよ!なんですけどね。

なんで、そんなことを思うのか…。
それは、プロに徹して、真剣に仕事に取り組む亀ちゃんと
社会人としてはチャランポラン、オコチャマな勇也との間に、あまりにもギャップがあって、
「ウチの亀梨に何やらせんねん?!ウチの子はあんなおポンチ男とちゃうんやから!」
という、ファンとして、無念極まりない気持ちがあるからでしょうねえ。

そういう役なんだから、それを亀ちゃんは頑張って演じてるだけなんだから。
実際そうなんだけど、納得しきれないのがファンというもの(笑)。

脚本が破綻をきたす原因の一つとして、いろんなしがらみがあって、
各事務所の意向を反映するから、というのも、分からないではないんですけどね。
だったら、ジャニーズ事務所、もっと勇也が魅力のあるイイ男に成長するように
脚本に文句つけて!と言いたいです!(笑)

あ、話しがズレちゃいました。
視聴率が上がったという話。

一般的には面白いなあ、勇也、カワイイじゃん!(実際ビジュアル可愛かったし♪)
あんな年下の男の子に慕われてみたいわ〜!と思った人が増えたかもしれない。
ユウキみたいなシリアスな役もできるけど、こんなコメディータッチの役もできるんだ、
そう思ってもらえたかもしれない!
(レッツ、ポジティブシンキング!)

何はともあれ、やはり多くの人に見てもらえるというのは、いいことです。

視聴率が全てじゃない!というのは、内容に自信のある人、
視聴率が取れてる人が発言するとカッコイイ言葉であって、
娯楽作品においては、視聴率は取れるにこしたことないですもん。

視聴率にはこだわりません、なーんて、亀ちゃんには言わないでいて欲しい。
オレはこんなに頑張ってるのに!って、内心キリキリ悔しがっていて欲しい。
次こそ、視聴率取ってやる!って、心密かにメラメラしていて欲しい。

ふふふ、これは単にかめすみれ好みの亀梨和也です!(笑)

多くの人が集まる仕事、特にドラマは、皆の力が結集すれば、ものすごいパワーにもなるけれど、
良い方向にまとまらなかった場合、一人がどんなに頑張っても、
なんともカタチに表れないもどかしさがあるに違いありません。

それでも、やっぱりドラマの仕事が好きなんだろうな、亀ちゃん。
絶対醒めたところを見せない、その熱のある仕事っぷりに、感心させられます。

勇也のキャラについて、たぶん私以上にツッコミを入れたいだろうけれど(笑)、
でも、ドラマの中で求められる勇也を、自分のできる限りの努力で演じている。
ここで逃げ出さない、投げ出さない、立ち向かっていくのが、亀梨和也の美学!

この頑張りを絶対認めてくれる人がいる、そう信じて、真っ直ぐでいようとする亀ちゃんを、
この経験を絶対ムダにはしないであろう亀梨和也という役者を
だから好きなんだよな〜ってしみじみと思います。

そのキラキラの情熱で、ステキな出会い、人も作品も、引き寄せてね!と、
願わずにはいられません。

次のドラマについては、まだ情報が少なすぎて、あまり語れないので、
それは、次の機会に…。

| サプリ | 23:06 | comments(14) | -
「サプリ」 8話 感想
入院三日目。

病院の携帯電話使用許可エリアで、
昼過ぎ、2時間ほど仕事の事後処理連絡してました…。
そりゃ仕方ございません。
周りに迷惑かけまくりですから…。

あんの定というべきか、その後熱が出て、うつらうつらしてました。

そして、頭痛い!のを氷まくらで押さえて見ましたよ、サプリ。
(誰も頼んでないってば!笑)

私にパソコンがないことは、きっと神様のおぼしめしなんでしょうね…。
今は携帯から打ってるので、隠すことができません。
思う存分書けなくても、多分、耳に優しいことは書けません!

だから、今日の勇也は可愛いかった!とるんるんな方、
気分悪くなりたくない人は、絶対、続きを読まないでくださいね!!

続きを読む >>
| サプリ | 23:59 | comments(21) | -
「サプリ」 7話 ムダに長い感想
今日一日、竜ちゃん(ブログペット)のアクセス解析、
アクセス数が、えっ?どーした?ってな数字になってて、びっくらこですわ。
(年に2.3回あるか?というフィーバーぶり←死語かな?)
なんで?と、めったに見ない検索語句というのを見ちゃいました。

「亀梨 サプリ キスシーン」

そっかー、今をトキメク(?)亀梨さんのキスシーンって、
そんなに世間の関心を集めていたのか!!
で、いったい、検索をかけた方々は、何を求めていらっしゃるのかしらん?
そこんとこ、ちっともワカンナイかめすみれのお送りするサプリ感想です。


本当に、亀ちゃんも告知してたけど、あれよあれよの急展開。
当初の目的、本来あるべきミナミと石田の恋愛に、やっとこさ、たどり着いた模様。

ここでメデタイ!とお祝いすべきなんでしょうけどね
亀梨さんが石田勇也を頑張って演じれば演じるほど、
それがうまかったり、けなげだったりすればするほど、
私のウガウガ度がアップしてしまうって、なんたる運命の皮肉(苦笑)。

ドラマが動いて面白くなったじゃない!!
ミナミに対する一途な思いで突っ走る勇也が切なくも愛しいわ〜。
告白シーンの、亀ちゃんのパッショネイトな演技に感動。
ミナミとの激しいキスシーンにドキドキ……

とまあ、そんな感想を抱いて、楽しく幸せな気分になってらっしゃる方は
続きは絶対読まないでくださいね〜!
ロクなこと書いてません!(断言)

一日寝かせて、さらに発酵してしまった感想を読んでも耐えられる!
という方だけ、続きをどうぞ〜!
続きを読む >>
| サプリ | 23:59 | comments(54) | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE