ジャニーズと亀梨和也な日々

KAT-TUN大好き!
特に亀梨和也くんを溺愛中のかめすみれの日記です。
内容は賛美ばかりではありませんので、
続きを読むときは、ご注意ください。

※コメントレスは失礼させていただいてます。ごめんなさい! 
<< 記者会見を見て | main | 「ゴチバトルSP」 感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「たったひとつの恋」 1話 感想
ドラマ見ました。

うーんと、途中までの印象は「どうしよう、私、ついていけるかな」でした(爆)。

髪の毛を切った(貧乏な)亀ちゃんは本当に可愛いかった!!
もう、美しい首筋やたよりなげなうなじを見てるだけで、幸せです!っていえるくらい(笑)。
薄い体に似合うTシャツの襟ぐりからのぞく鎖骨や
魅惑的な背中を見つめるだけで至福の時間。
なんで、あんなに貧乏シチュエーションが似合うんだろう、亀ちゃんて!!(苦笑)
かっこつけちゃって、冷たい醒めた目でワルぶるところすらも、
かっこよくて、可愛くて!(やっぱりカワイイがつく・笑)

聖はもうこれ以上ないというくらい甲にぴったりだし、
平岡くんの、自分の素材の良さは認識してるけど、
いかそうという気はないアユタがとっても自然でいいなと思ったし。
散らばったメバルを「おいしそう」と言ってしまってテヘと笑う裕子も、
可愛かった!(まり子のときから大好き!)
要潤さんのお兄さまも素敵だったし!
(今後、どんなキャラになってくださるのか楽しみ!)

でも、これはドラマ。
私はずっと亀ちゃんのドラマは<ドラマ>として捉えて、
ワキワキする想いをぶつけたり、感じさせられたことを書いたり、
悪戦苦闘してきたりしたので、
亀ちゃんの弘人が魅力的!とだけ書くわけいかないよなぁ…と
途中まで、ちょっとどんよりしてました。

だって、なんというか、うーん、このドラマの世界が
あまりに作り物めいていて…。
そこまで、貧乏と裕福をまるっきり別世界として捉えんでも…というかね。
見るのがしんどかった。

だいたい出会いの魚とか、プールに落ちるとか。
え?え?え?
これ、どう受け取っていいの?という(苦笑)。
(濡れ髪亀ちゃんは大好物だけど!
水中で菜緒を抱き上げるところ、かっこよかったけど!)

また、最初の菜緒のキャラが…
私、トロい天然の女の子って、大キライなんですよ(ばっさり)。
もう、パーティー会場の菜緒には、イライラさせられて、
どうしようかと思いました。

だって、シャンパン探してウロウロ、あ、バッグなーい!
コンタクト落としちゃった、あ、でもいいの、使い捨てだから。

イ〜〜〜〜ラ〜〜〜〜!!!
可愛いから、余計にいらつく!!ってヤツですな。

でも、丘の上のシーンで、菜緒のそういうところは、
人にも自分にも嘘をつかない、たとえ傷ついても、自分の行き方として
通してるところから出てるんだというのが分かって、心底ホッとしましたよ。
(ヒロインに共感できないのは、もう前作で十分ですから・爆)。

それからの菜緒ちゃんは、わーん、この子、可愛いね!で見られて、心安らか。
「あなたにもう一度会いたかったの」
ノックアウトされますってば!(おばちゃんでも)

弘人はね、亀ちゃんが演じればこそ、その魅力が輝く男の子でした。

貧乏なんだけど、プライドは高くて、拗ねてるけど、卑屈じゃない。
一家を支えてる責任感にちょっと疲れてるけど、弟思いで、友達思い。
自堕落な母親に反発しながらも突き放せなくて。
女の子に対しては、ワルぶって皮肉屋なところはあるけど、
だからといって見下してもいないし、すれてもいなくて、
根っこは限りない優しさを秘めている。

その屈折ぐあいを魅力的に見せることができたのは、亀ちゃんならではだなぁと。
だって、1話の弘人って、あまりにも屈折しすぎで、
いったいアナタはどんな男の子なの?って分からなくなりそうでしたもん。

ゾクゾクしたのは、最初のパーティーで菜緒を見つけたときのニヤリ笑い!!
自分の魅力を最大限に発揮して、狙った女の子に近づくための
思わせぶりな笑顔は最高!

「二人で逢わない?」と誘うときの、
この女の子のこと、ちょっと好きかも、という無意識な想いと、
でも、どうせ慶応医学部に惹かれてるだけだろ?という疑いと
おれが女の子を誘えばなびくという自信と、ないまぜになった弘人の感情が
無理なく伝わってくるところ、亀ちゃんの表現力はスゴイと感心。

「みんなで逢わない?」と返されて、菜緒の真意を測りかねて残念なような、
でも、そのピュアさをちょっと可愛いなと思ってしまい、
イカンイカン、自分は嘘ついてるんだった、
自分とは接点のない女の子だし、と気持ちを遠ざけようとするところとか
なんか本当に、いろんな想いがこっちに流れ込んでくるんですよね。

そこが、亀梨和也の演技者としての最大の魅力だと私は思ってるので、
そういう本人も無自覚な感情が渦巻く弘人という役は、
亀梨和也を通して、これからますます魅力を発揮していくんだろうなって思えました。

弟に目玉焼きをやいてあげる弘人。
亀ちゃん、キミはなんて料理が似合うんだ!!
弟、というか、小さい存在と一緒にいるときの、慈しみに満ちた雰囲気が
本当にけなげで愛しいんだなあ。

あと、ボーイの制服がツボでした。
めっちゃ似合う。
特にあらいざらしの短い髪の毛と制服の取り合わせがサイコー!!
(誰か同意して!笑)
それで、あのクシャミですよ!
(次回作はボーイの制服モノ、コメディータッチでよろしくです!笑)

素直な菜緒にふれて、素直に「勇気いったんだ、ここにくんの」と
言ってしまう弘人が可愛いかったなぁ。
「ここまでで勘弁して」と言うシャイな弘人にキュン。
そのカッコじゃ大通りに出られないでしょって、上着を脱いで貸してあげる弘人、
気が付く男やね〜(心底感心)。

1話の最後で、弘人が嘘をついていたと分かるスピーディーな展開でした。
うん、そのほうがいいな。
嘘に嘘を重ねても、本当の恋にはならないから。

見終わったとき、次週を楽しみにできるドラマで、良かった!と思えて、良かったです!!

エンディングの白い亀ちゃんは、ロミオとジュリエットのイメージなのか、
まるっきり少女マンガの男の子でした…。
(その雰囲気美少年っぷりに驚愕、素敵だわ、亀ちゃん!!)



そして最後に流れた主題歌。
いかにも小田和正さんの曲でしたね。
KAT-TUNが歌ってると言われなければ、分からないくらい、
これまでのKAT-TUNにないテイストでした。

………触れたくなかったのだけど、菜緒じゃないけど嘘はつきたくないから。

バラードに仁くんの歌声がないことが、こんなに辛いとは思わなかった…。
仁くーん、キミは罪つくりな男だなあ、本当に(涙)。
| たったひとつの恋 | 01:11 | comments(28) | -
スポンサーサイト
| - | 01:11 | - | -
コメント
綾瀬はるかさん私は好きですよ!番宣でも魚が飛ぶ!とか言って場がなごんでましたし。仁ショックの最中だったから亀ちゃんも癒されたのでは?ちょっとぽっちゃりしてて健康的だし。マネキンよりずっといいですよ。ドラマでは、怒った眼の演技がよかったな。セリフなくても気持が伝わるって素敵なことですよね。ドラマでは割烹が個人から魚買うかなぁとか疑問点はあったけど、来週からは嘘がない感情のぶつかり合いとか描かれると思うんで、期待して見ますよ!!打倒ム○イ!!
| yoh-ma | 2006/10/18 12:38 AM |
「ひと恋」ちょっと現実離れした感はありましたが、なんだか引き込まれる感じがしました。弘人の「何が本心で、何が嘘かわからない」感じがとっても良かったです。
 ドラマで弘人を演じる亀ちゃんの表情の奥に、今現実に亀ちゃんの置かれている厳しい状況が錯誤して、見ていて胸が詰まりました。
 最後のKAT-TUNの曲。出だしの亀ちゃんの声が優しすぎて、他のメンバーもこの曲を大事に歌っている感じがひしひしとつたわり、癒されました。
 がんばれ、KAT−TUN。
| りりこ | 2006/10/16 12:13 AM |
かめすみれさん、私は最初から最後までちゃんと楽しめましたけど…。
で、かめすみれさんの感想を読んで衝撃を受け(というわけでもないのですが)、
自分にツッコミを入れてみました。テヘヘ。
でも本当に亀梨くんの首筋やうなじや鎖骨は、『とくべつ』なものですね。
| らいおんウサギ | 2006/10/15 11:56 PM |
はじめて書き込みさせて頂きます。

『サプリ』がどうしても肌に合わなくて、見る事が出来なかった私にとっては、少し久しぶりになった役者な亀ちゃんだった『ひと恋』ですが……予想以上に楽しめました。

最初は正直、何度かチャンネルを変えたくなったりしたんですが……理由はかめすみれさんと同じです。
作られ過ぎてる世界や、ベタであり、かつ極端な言動に、若干ウンザリしてしまったからです。

ですが、やはりそこは亀ちゃんファンといいますか……気付けば等身大の弘人に、すっかりやられちゃってましたv

色々な亀ちゃんが見られて、しかもとても魅力的な姿ばかりで、ドラマの間は、素敵ステキ可愛いv しか言ってませんでした(苦笑。
濡れ髪、よかったですねv
ボーイの制服もキュンキュンしちゃいましたv

ラストでいきなりバレてしまいましたが、これでよかったかな、と私も思います。
暖かくて優しくて、でもやっぱりどこか哀しげで……弘人と菜緒と、甲と亜裕太と裕子――彼等にはこれから、どんな世界が用意されてるのかな、と、思います。

あとこれは全然、亀ちゃんとは関係無いんですけど、このドラマ音楽がいいなぁ、と。
ジブリの世界で使われる様な旋律が、横浜という街と、ドラマの世界にとても合っていて――そこに亀ちゃんのモノローグが入って、なんとも言えない雰囲気になるんですよねぇ……。

こんな感じで、もうホントに色々やられてしまったので、このまま次回を楽しみにしてきたいと思います。

主題歌の方は――案外大丈夫でした。
……やっぱり、聞こえない声を探してしまいましたけど(苦笑。

えっと最後に……ラストの真っ白な亀ちゃんは、第一話の中で一番恥ずかしかったです(おい。

それでは長くなりましたが、このまま言い逃げして去ろうと思います。
これからも素敵な語りを読ませて頂けるのを、楽しみにしています! 頑張ってください!
| 章 | 2006/10/15 8:53 PM |
亀ちゃんの弘人ぴったしでした。ドラマの音楽も好きになりました。小田和正さん作のKAT-TUNの主題歌もステキな曲でしたが、やはり仁君の声が聞けないのが切なかったです。
| チェリー | 2006/10/15 8:50 PM |
北川さんが、亀梨くんに会い過ぎないようにしなければ、
と思ったわけが、ちょっとわかった気がします。
亀梨和也が魅力的過ぎるために、製作者側が、欲張り過ぎちゃう?
シーンがストーリーを凌駕してしまう?
のではないかと、○プりのとき思いましたが、今回は大丈夫ですよね。
主題歌。仁さんが歌ってくれなかったことを嘆きそうになったけれど、
違う!前に進まなきゃ!と思い直し、ひらめきました。
KAT-TUNにも、素材の良さを生かそうとしていない人がいるじゃん!
田口くん!ビリヤードに行く時間があったら、本格的にヴォイトレして、
ヴォーカルポジションを狙ってよ!もう、見切れてる場合じゃありません。
| (和) | 2006/10/15 8:39 PM |
私は、北川さんのドラマってもっとクサくてべったべタなストーリーだと思っていたのですが、
登場人物の会話がすごく自然に見えたし、クサい台詞でもすんなり入ってきたので、すごく良かったと思います。
弘人の低めのテンションが丁度良い温度だと思いました。
亀の演技も、いつもながら惹き込まれるものがあります。新聞の批評欄にもそう書いてありました。

主題歌のことですが、私は、仁がいないということは意識して聞きませんでした。
たしかに、仁の声があったら更に良さは増していたのかもしれないけど、
よく聴いてみると、5人でも頑張ってパートに分かれてハモっているのが分かります。
特に下の低いパートなんか、おそらく中丸君なのではないかと思うのですが、すごく綺麗にハモっています。

曲調についても、「KAT-TUNらしくない」という声がチラホラとありますが、
むしろ「KAT-TUNらしさ」を固定しない方が良いのではないかと思います。
今まで、色んなジャンルの曲を歌って来たKAT-TUNだからこそ、こうして小田さんの曲も歌うことが出来たのだと思います。

何度も繰り返し聴いているうちに、とても良い曲だと思えるようになりました。
繰り返し聴いているうちに、5人の透明な歌声と歌詞が心に染みてきて、自然と泣けてきました。
この歌を歌っているKAT-TUNを見たいです。


| ゆい | 2006/10/15 7:41 PM |
はじめまして。昨年から楽しく拝見してました。働く主婦です。鶴は千年さんのコメントに同じだな〜と感じました。ドラマは初回から落ち着いて引き込まれて見てました。昨日今日の衝撃で主題歌に話題がいくのも当然ですよね。私はカツンの5人が愛しくなりそしてすごいなと感じました。クリアでまた違う透明感が溢れてた。CD化は不明だけど歌う姿見たいです。カツン基本は6人。でも今からしばらくは5人バージョンだと割り切って、マイナスじゃなくて変化系だと思えた。仁がいなきゃカツンはだめだという決め付けより、新しい魅力の開花につながる。そうなることが仁含め全員の想いかなとおもうんです。亀ちゃん、進化し続けたいって決意語ってました。大好きな歌になりました。


| クニママ | 2006/10/15 7:15 PM |
洗いざらしの短い髪の毛と制服の取り合わせはサイコーです
かめすみれさんに思いっきり同意します!

さて(何がさてなんだか)、1話が終わりましたね
かめすみれさんの感想をもって自分の中の1話も終わりました
サプリ以来、自分の脳内だけで完結するには
どうも不安が残ってしまって←サプリ後遺症?

生まれて初めての北川ワールド、なんとも時代錯誤に思え
かなりキツかったとはいえ、最後に嘘がバレてホッとしました
来週も見ます・・・多勢の人に見て・愛されて欲しいです

エンディングの曲、赤西クンの顔が浮かびました
いないなんて信じられません
そんな日が来ちゃうかも、と思ったことはありますけど
現実になるとは思ってなかった自分に気付きました

かめすみれさんや、皆さんの感想を拝見できて良かったです
また、お邪魔させてくださいね
| つるりんご | 2006/10/15 4:50 PM |
 仁さんのいない新曲、不安だったけど、聴いてみて、とっても素敵だなと思いました。「いいなあ。みんな、やるじゃん。」と思いました。カメちゃん、ゆっち、こうき、じゅんの、たっちゃんの5人の歌声は、仁さんがいるときとは、また違った魅力が感じられたんですが、私だけ?
 仁さんが抜けた穴は大きいかもしれませんが、「鶴は千年」さんのおっしゃる通り、私は、この半年間は、5人がますます個性や実力を伸ばしたり、自分の魅力を磨けるチャンスかなと思います。そして、KAT-TUNとしての幅も広がるんじゃないかなと期待しています。
 仁さんも一人で頑張ってくるのだから、残った5人も一人一人がますます輝けるように頑張ってほしいなあと思います。そして、半年後、6人みんなの最高の力を持ち寄って、すばらしいコンサートを私たちに見せてくれることを、切に願います。私、実はまだ、コンサート1度も行ったことがなくて、「仁さんが戻ってきたら、絶対最高のKAT-TUN見に行こうね。」と、娘と誓い合っています。
| 風子 | 2006/10/15 4:37 PM |
元々私には苦手な北川ワールドですが、
にしても、予告で度々流れてた
「こいつらの人生まるまるゲームでしょ・・・」
と僻み根性丸出しの弘人の台詞からして早くもうんざりで・・・
今時、こんなお寒い言葉を大真面目に(つまりおちゃらけてではなく)吐く人間が、
現実世界にいるんだろか?
もしいるとしたら、そいつが、金持ちであろうと貧乏であろうと、
まわりからかなりういてるお寒い野郎なんだろーなー
つまり、弘人ってそういう設定なの??(トホホ)
でも、亀ちゃんには大好物な北川ワールドのようなので、
あ〜あと思いながら、オンエアを待ちましたが、
弘人の恋心に感情移入できるだけでも、
サプリよりはずっと楽しめそうで、ちょっと嬉しくなりました。
次回が怖い、じゃなく楽しみって、幸せですね(笑

| 夢見る夢子 | 2006/10/15 3:53 PM |
亀チャンの語り、やっぱり素敵です。ちょっと抑え気味のトーンで、でもスーっと引き込まれる声。
パーティーで奈緒を見つけた時のじっと魅入る眼差しにはやっぱりやられました。
ボーイスタイルホントに似合ってましたね。
平岡くんの演技も自然でかっこよかったです。
弘人の役柄は亀チャンにぴったりでした。屈折した心情を表現する技量はさすがです

ただ、亀チャンやっぱりまた痩せた?睡眠不足と心労のせいでしょうか。いっぱい食べてほしいです。              ラストのシーンも亀チャンの表情もすごくよくて…

オフコース全盛が私の青春時代でしたが、私は苦手でロック少女でした。
その後、小田さんもいい年令の重ね方して、今回はいい楽曲を提供してくれると期待してました。
確かにいい曲でした。でもカトゥーンの個性が生きる曲ではなかった気がします。
仁クンがいないことが大きいこともわかってます。これには想像以上のショックで心に鉛がぶらさがってる感じが続いてます。
でも、亀チャン、絆をあんなに魅力的に歌えるのに亀チャンの歌いだしも個性が感じられない曲調でした。あとはカトゥーンに聞こえませんでした。小田さんの世界。
仁クンがいない間、亀チャンが引き立つ曲が必要だとおもいました。
せっかくの亀チャン初主演のドラマなのになんだか今でも胸が苦しいです。
| mikame | 2006/10/15 2:48 PM |
 かめすみれさん、こんにちは。
 仁君に関する、かめすみれさんの「あんなに苦労して待ちに待ったデビューを果たしてまだ7ヶ月…送り出すメンバーの想いに涙が止まりません」という文に、私も涙しました。
 「ひと恋」のエンディング曲を聞いて、同じように寂しい想いもしました。本当に、いろいろなことがおこりますね。
 最近の恋愛ドラマが不発で、コメディタッチのドラマばかりが視聴率がいい昨今の状況を嘆いていたら、テレビが大好きなさる御仁が「本当に、みんながはまれて視聴率を取れるのは恋愛ドラマなんだよ。」とのたまってくれました。今回の「ひと恋」が、そういうドラマになれますように…。
 我々が今出来ることは、KAT−TUNを応援し続けることだけなんですよね。「ひと恋」の主題歌も早くCD化されますように。頑張れ勝運!!
| 亀担 | 2006/10/15 12:51 PM |
こんにちわ!とても綺麗でした・・亀ちゃんの言うように、セリフとか2人が立っている姿とか。
そして何より、亀ちゃんのナレーションが素敵!
染み入るような語りが大好きです。
そして、主題歌。私はすごく好き!行ってしまった仁のことはあまり思いませんでした。
仁亀のハモリがなくても、みんながんばって素敵なハーモニーでした。そこんところも、もっと注目していきたいし、KAT-TUNの新たな魅力としてやっていって欲しい。KAT-TUNはバラバラな個性が魅力って言うけれど、今回のことで団結している姿といい、いざとなったら「ヤルな!」という印象も持ちました。
もしかしたら、KAT-TUNの幅が広がるいいチャンスかもしれない。そして、仁が戻ってきたら最強ですもんね!
はるかちゃん、可愛かったです。忘れてしまった胸キュンを思い出させてくれるドラマになりますように・・。(実は亀ちゃんだけでも胸キュンなんだけど)
| 鶴は千年 | 2006/10/15 12:03 PM |
かめすみれさん、はじめまして。
海外在住でして、最近youtubeで色々なドラマを見れるようになって、
亀梨くんを注目するようになりこちらに辿りつきました。
きっかけはなんとちょい評判の悪い「サプリ」からです^^;
それから野ブタやごくせんを見て、亀梨くんの演技に惚れ惚れした次第です。
彼って役柄によってキャラを自由自在に変えられるのはもちろんのこと、複雑なキャラクターを独特な表現方法で絶妙に演じられるところがすごいと思いました。
たったひとつの恋はまだupされてないようなのでまだ見られないのですが、全体的には評判はイマイチよろしくないようですね・・・
亀梨くんの演技うんぬんというよりは、やはりベタすぎる脚本と設定などなど...北川さんも90年代はヒット作を飛ばしてましたが、やはり時代についていけなくなったか?と。

ところで、全然関係ない話になってしまうのですが。
私はくらもちふさこさんという漫画家の大ファンでして、
彼女の代表作「天然コケッコ−」に出てくる大沢君という
キャラが亀梨くんにぴったりだと思いまして。
ドラマ化の際には是非彼に演じてほしいな〜なんて思ってたのですが
どうやら別の方で映画化されるようです。(残念)
もしよろしかったら漫画読んでみて下さい。

では、長々と失礼しました。
これからもブログ楽しみにしてます!
| micky | 2006/10/15 11:28 AM |
第一話のタイトルが「上流と下流の恋」?今時、こんなのありかなぁ?などと思っていましたが、考えてみたら格差社会が広がってるし、身分違いの恋、これからありえない話ではないかな〜なんて。
ドラマのトーンが全体的に静かで、映像も綺麗だし、深まる秋にぴったりなドラマだと思いました。
亀ちゃんはこういう静かな中にも感情が揺れ動く役が上手いから、いいドラマになるのではないかと思います。
サプリでは「ありえない〜!ありえない〜!」と連呼していた私ですが、こういうありえなさなら大歓迎です。
気持ちよくだましちゃって、という感じです。
第一話から「奈緒ちゃん病気?死んじゃうの?」と伏線も早々と出してもらって逆にスッキリというか。
思う存分主役のお二人に泣かせてもらいたいです〜♪
亀ちゃんの白制服、「これから舞台ですか?」と言いたいくらいオーラが溢れてて絶対カタギの男の子ではない感じが!
皆さんもそこに反応していて何だか可笑しいです。

最後の主題歌は本当に切なかったですね。
仁くんがいなくなると、声質の細い人ばかり残るからやはり歌の深みが足りなくなる感じがします。
仁くんの穴を埋めるのは並み大抵な努力ではないと思います。でもその努力に見合うだけの成長が半年後にきっと見られると思います。
どんな修羅場?もくぐり抜けてきたkat-tunですから・・・。
| ririha | 2006/10/15 10:10 AM |
『トロい天然の女の子』は嫌いだとバッサリ切っていただいて、すっきりしたというか嬉しかったです。
(なぜかここに一番に反応しちゃいました)
昨今は天然キャラがもてはやされてますが(作為的じゃない=純真だから?)、普通に苦労して気を配ってる人が浮かばれない気がしてなんか腑に落ちないんですよね…
さて、今回一番は私も弘人のボーイ姿でした♪洗い晒しの髪にあの白い制服…一度きりなのが残念です。
主題歌については皆さまと同じく…です。耳を澄ませて歌声を探してしまいました(T_T)
| じぇむ | 2006/10/15 9:34 AM |
ひと恋。
これから先、どんな運命が二人を待っているのでしょうか?
亀ちゃんはもちろん、共演者の方全てがとっても素敵で(平岡君が私中丸くんとかぶっちゃうんですよ、)特に聖のキャラは救われるしぴったりですよね。
今の時期、亀ちゃんがつらい運命を背負う役はあまりに見ていてつらいかな・・・・・?どこかほのぼのとしている部分があるといいんだけど。
作品がなかなか良かったこともあって、エンディングは涙なくしては聞けませんでした。
このショックから本当に立ち直るには相当時間がかかりそうです(涙)
| ぷうちん | 2006/10/15 8:09 AM |
亀ちゃんの表現力はすごいと思いました。弘人、囲いたくなりました〜
ボーイの制服、めちゃくちゃ同意しますー似合いすぎです。
主題歌、KAT-TUNに聞こえなかったです。仁くんの存在の大きさを改めて感じました。
| ひろたん | 2006/10/15 8:08 AM |
亀ちゃんの弘人,ステキでした。
セリフ一つ一つに,くるくる変わる表情に,亀梨和也の演技が輝いていました。本当にうまくなりましたね。
感情の起伏を絶妙に表してました。
さすが役者,亀梨和也です。
これからも繊細な恋心に,いえ繊細な恋心を演じる亀ちゃんに胸キュンさせられるのでしょうね。
エンディングではやっぱり…涙でした。
バラードのステキな曲に,仁君の歌声がない現実,ショックでした。
ドラマのエンディングが,さらに切なくなりました。
| ゆかりこ | 2006/10/15 8:03 AM |
亀ちゃんの弘人本当に魅力的で素敵でした。誰と絡んでも、それぞれ違う弘人の顔が見られてこれが亀梨和也の演技力なんだなぁって、私も最初の菜緒は苦手で苛々してしまいましたが、後半は素直に可愛いと思えるようになったので、ホッとしました。やっぱりボーイの制服姿の亀ちゃんもツボでしたね〜コメディータッチの作品も是非見たいかも!宝塚で言うところの「グッバイ・ペパーミント・ナイト」や「メランコリック・ジゴロ」っぽい作品誰か亀ちゃんに書いてくれないかなぁ主題歌本当にKAT-TUNの今までにない小田和正ワールドでしたね。でもやっぱり仁くんの声は無くて寂しかった。この曲ををいつか6人で歌える事を願わずにはいられませんでした。次回を楽しみに出来るドラマで良かったです。
| あんじゅ | 2006/10/15 7:18 AM |
第一話、すごく良かったです。弘人最高でした。最後の白い亀ち綺麗でしたね。何度もリピしちゃいました。主題歌、最初亀ちゃんの声が分からなくて、オフコースが歌っているのかなと思いました。(そんな訳ないのにね 笑)いかにも小田さんの曲って感じでしたね。切なくてきれいなバラード‥仁の存在って彼らの歌には本当に大きかったんだなあと思いました。昨日も、昼間大好きなprecious oneを聴いて泣いてしまいました。仁亀のハモリが心に沁みてきて‥。仁の歌声、しばらく聴かない方がいいのかな。でも、5人が一生懸命歌っている曲応援します。いつか6人で歌えたらホントにいいですよね。
| ゆかな | 2006/10/15 6:43 AM |
仁さんがいない、って分かっていたハズなのに、
無意識に耳を澄ませて、仁さんの声を探してました。

また泣いちゃった。

私の涙腺、壊れちゃったみたいです。
涙腺に「元栓」があったら、閉められるのに。
| まりあ | 2006/10/15 3:50 AM |
ひと恋。弘人が素敵すぎて1時間20分があっという間に感じられました。まだ1話ですし、これから2話3話と今以上に引き込まれる作品になればいいですね。
主題歌。目をつぶって何度も聴いていると、5人の歌声のなかに仁くんに対する想いと、静かだけど深い決意を私は感じました。仁くんのあの綺麗な歌声が、いくら探してもないのは寂しくて仕方ないけど、5人のKAT―TUNが頑張っている今を私は応援したいです。いつか仁くんが帰ってきたときに、この曲を6人で歌えることを願っています。
| 涼風 | 2006/10/15 3:03 AM |
かめすみれさん、こんばんは。
私もドラマの内容としてはちょっと厳しい部分があるなと思いつつ、亀ちゃんの演技力・綾瀬さんの可愛さを堪能した初回でした。
今後もっと物語に引き込まれる展開になってくれると嬉しいな♪
それから、やっぱり主題歌について。今回のようなバラードに仁くんの声がないこと、かなりのショックを受けるだろうなと覚悟はしていたんですが、本当に想像以上に辛いものがありました(T_T)きっと時間とともになれていくのかな、なんて思います。
とりあえず、来週もわくわくしながらテレビの前にすわれそうで良かったです(*^_^*)
| みー☆彡 | 2006/10/15 2:36 AM |
制服姿最高でした!!もう、好き!!間違いなくかっこよかった。というより弘人最高…こう思わせてくれた亀ちゃん最高。
主題歌、なんともいえない気持ちにさせられる歌でしたね。高音の曲がKAT-TUNにはあうな〜
やっぱり曲が終わった時、仁の声が聞こえない…と泣いてしまいました。
強くならねば!
でも出だしの亀ちゃんの儚い声はたまらない!そして歌詞がドラマとリンクしてるはずなのに、
いつか夢の近くにいけるのかな
でもそれはまだずっと先の事みたいだ
僕らはなんだか急ぎすぎている
大切な事さえもわすれている

ってKAT-TUNの今をそして仁を表しているみたいで余計に胸が締め付けられる。小田さんはこんな事になることを聞かされてたのかも?ってちょびっと詮索してしまいました。
| チャン | 2006/10/15 2:25 AM |
かめすみれさん。同感です。
ちょっと抑えた感じのハスキーで低い弘人の声もよくて…胸がキュンキュンしました(笑)
小田さんの曲って(オフコースの頃から)本当に高音域がきれいなんですよね。だからこそ出だしの和也君のハスキーで澄んだ高音に仁の甘くてきれいなハモリが入ってないことが…なんだか切なくなりました(泣)
その分雄ちゃんが低音域で頑張ってハモリをしてましたね。
昨日仁の決断を応援しようって決めたけど…仕方ないし、他のメンバーが頑張ってるのもわかってるけど…
やっぱりこういうきれいなバラードでは仁亀の高音域でのきれいなハモリが聴きたかった…(泣)
っていうのは、やっぱりワガママですね。
| ナオリン | 2006/10/15 2:04 AM |
ボーイの制服でコメディ! いいと思いますよ!
人が見ていないときに、くるくるっと回ったり、決めポーズやおねだりポーズやってくれたりしても、大歓迎!

って、いきなりそんなところに反応してしまいました(笑)。
とりあえず、かめすみれさんも、今回のドラマに及第点をつけられたことが分かって、心底ほっとしました。前クールのような毎週頭を抱えながら感想を書く、というのは、もういいわ、ってことで(苦笑)。

でも、実は私も最後ばれたときの亀ちゃんの姿がいいなぁと思った瞬間に流れ始めた主題歌で、吹っ切れたつもりの仁くんのことが一気に押し寄せました。
私、歌にKAT-TUN独特の毒気がないと、だめみたいです。
| ヒメジョオン | 2006/10/15 2:01 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE