ジャニーズと亀梨和也な日々

KAT-TUN大好き!
特に亀梨和也くんを溺愛中のかめすみれの日記です。
内容は賛美ばかりではありませんので、
続きを読むときは、ご注意ください。

※コメントレスは失礼させていただいてます。ごめんなさい! 
<< 「ズームイン・サタデー」 ハートのおでん | main | 「ウタワラ」 感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「たったひとつの恋」 7話 感想
テレビを家人に取られたので、リアルタイムで1回しか観られてません。
なので、本当に思い出しながら、感じたこと、気になったことなど、
つらつらと書くわけで…、なんだか取りこぼしが多そうな気がします(超不安)。

そして、お断わりしておかねば…ってことが。
どうも、5話から、完璧<ヒロイン弘人>大好き視点でこのドラマを見てるせいか、
シリアスな感想が書けずにいます。

先週も感想を書いた後、いろんな方の感想を読んで、「私、浮いてます?
浮いちゃってますよね。どーもすみませーーーーん!」状態でした、ぶっちゃけ(苦笑)。

恋愛ドラマとしてどっぷりはまってらっしゃる方、
弘人くんを恋人視点でシリアスに見てらっしゃる方には、
申し訳なく思っておりますが、ナナメなスタンスの感想でもいいよ
という方だけ、続きを読んでくださいね。



結婚は二人だけの問題じゃない、です、確かに。
こちとらいいトシなもので、分かっておりますわよ。
けど、恋もそうなの〜?!というかね。

そんな急激に<結婚>に向かって急がなくてもいいんじゃないの?
お二人さん。
まあ、反対されればされるだけ、二人の世界になっちゃうのが恋だったかしら。

弘人くん大見得切って「菜緒を守りたい!」と菜緒パパに宣言。
パパも、全てを承知で娘のためなら命を投げ出す!と真剣に言われたら、
ちょいと心も動こうってなもんです。
(麗しい男の子だし…って麗しいは関係ないか・笑)

でもなぁ、売り上げを従業員に持ち逃げされて、工場立ち行かなくなったら、
あっけなく、菜緒ちゃんとの連絡も「それどころじゃない」状態になっちゃうんだよなあ。

命を懸けた恋も生活の前には二の次…なのねと、非常に当たり前の現実に
「たったひとつの恋なんです」宣言がちょっぴり色褪せてしまうような(涙)。
(仕事に真剣なのは当たり前です! 一段落すればちゃんと連絡してる弘人くんは誠実ですよ。
でもね…そーゆーことじゃなくて〜〜。つか、私って乙女すぎ?!苦笑)

あ、菜緒ちゃんの「いたいけな乙女」発言は、亀ちゃんヒロイン説を
菜緒ちゃんにまで肯定されたのかしらん?(笑)

お金に困っても菜緒ちゃんには頼らない。
それはまあ、最低限の弘人くんの男の意地だわね。
その事情をアユタくんから聞く菜緒ちゃん、
「ここにくるとほっとする」って、いくら思ったことをそのまま言う主義でも
恋人の男友達のところへ行って言うには不適切なんじゃないかなあ、とちょっと気になったり。

アユタくんも、ただ単にイイ人なだけなの?
えー、思わせぶり(深読みとも言う)なだけなんて、つまんないな〜!

二人のラブシーン、またもや船です。
じゃれあってる二人、本当に可愛いんですけどね。
うーん、別バージョンも見たいかな…と(苦笑)。

ユウコちゃんは芦屋の開業医の娘だったんですと!
なんだか急に身近な存在になってびっくり(苦笑)。
でも、菜緒ちゃんと高校時代の同級生だったんでは?
(えっと、たぶん、お父さんは横浜の大学病院勤務だったんですが、
つい最近、実家の病院を継ぐため、両親は芦屋に帰ったんですね…
って、なんで、私が辻褄あわせしてるんでしょ・笑)

ユウコと仲直りするコウがものすごく男前になっていて(ヘン顔いっさいなし)、
最初の頃のコウと同一人物とは思えないくらい、ステキなんですけど〜!
そのほうが絶対いい!!
それにしても、コウったら、手を握るだけ?!
(って、思った人、絶対いるはず!←えらく強気・笑)

今日、一番気になったこと。
弘人の「あんた」呼び。
これ、ものすごーーーーーーーーーくイヤでした!
何の意味があって、わざわざ菜緒に対して「あんた」を連呼したんでしょ。
「菜緒」でいいじゃん!
そんなところでガラの悪さを強調しなくても…

亀ちゃんの演じる弘人なら、菜緒を「あんた」って呼ばない気がするから、
とっても違和感を感じました。

私、好きな男の子から「あんた」なんて絶対呼ばれたくないなあ。
これ、関西人と関東人の違いなのかしら…。

男に貢いでたらしい弘人母、密かに借金してたのね。
うがが。
息子と菜緒ちゃんの写真持って菜緒パパのもとへ。
(私に言ってくれれば買うのに!とはMちゃんの弁・確かに亀ヲタにはお宝写真ですが・笑)

こんな母親がついてるって致命傷ですわね。
親子の縁は切れないですもんね。
恋人に優しい男は母親にも優しいからなあ。
(未婚のお嬢さん、覚えておきましょう・笑)

しかも、弘人の同級生に襲われたと知ったら親としてはね、
黙っておれません。
こういう時、女親のほうがシビアなのかしらん(苦笑)。
家を持ち出してくるんだもん。

でも、朝には戻ってくるのよね、と、念押しするって、
菜緒ママ、弘人のもとに行こうとする娘を見逃してるってことかな?
それが仇とならなきゃいいけど、と隣のオバサンのように心配(苦笑)。

そして、またまた、菜緒ちゃんが男前ぶりを発揮!
弘人を呼び出して「泊まるお金持ってる?」ですよ(爆)。

なのに、弘人ったら「このままもう少し」って、いたいけな乙女っぷりを遺憾なく発揮。
普通、反対やろ〜〜!!

と、つっこみつつも、ずっと会えなかった菜緒とやっと会えた、
自分の腕の中にいる菜緒を抱きしめて実感したい、そんなピュアで愛情あふれる弘人を、
こんな風に表現できるのは亀ちゃんだよな〜と感心もしてるんですよ(苦笑)。

7話、ものすごくベタな展開なれど、恋する二人が障害を前に
いっそう強く惹かれあっていく、というのは、恋愛ドラマの王道でしょうか。

工場の危機もなんとなくあっさりと回避されて、あまっちょろい気もしないじゃないけど、
クジラをつくる兄と弟が本当に可愛くて可愛くて、それだけでも心が癒されました。

今回、なんとなく物足りなく思ってたことで、顕著になったのが、
会いたいのに会えない、連絡もできない、その緊迫した焦燥感が
こちら側にリアルに伝わってこなかったこと。

お互いを信じてる、ってことかもしれないけど、
恋ってもっともっと衝動的で懐疑的で狂おしいものだったんじゃないのかなあ。

<恋>と銘打つなら、大切にしあい、将来を育もうとする穏やかな面だけでなく、
互いを求めずにはいられない、そんな情熱にまかせた激しい部分を
見たいと思うんですよね…。

なんとなく私が感じる<ぬるさ>って、そういうところの欠如かもしれない、
と、7話を見てはっきりしました。

でも、弘人と菜緒のキャラクターではそれは方向違いになっちゃうのかな〜?!

| たったひとつの恋 | 02:14 | comments(14) | -
スポンサーサイト
| - | 02:14 | - | -
コメント
あんた呼び、チャンさんに同感!照れたり気まずかったりするとガラ悪ヒロト登場!(苦笑)私は本来乙女な弘人の屈折グセがヒョイと出てしまってもいいよ!と受け止めういヤツじゃ!と愛でられる超男前の菜緒ちゃんなればこそお育ちの悪さをも包みこんで愛してしまえるんだなあって思っちゃいました。育ちを越えられるか否かはまさにこういう違和感を許容出来るかどうかって事ですからね。菜緒ちゃん!ホント懐フトコロのデッカイお嬢様です!北川さん憎いなこういう試し的台詞入れ。あ!又ついお邪魔して勝手なことばかり、すみません。m(_ _)m
| 亀のエプロン | 2006/11/28 12:47 AM |
私も「あんた」は嫌でした。でも最後菜緒が病院を抜け出して弘人と会えたときにはうるうるしてしまいました。
| チェリー | 2006/11/27 6:50 PM |
こんにちわ!
今回は弘人母と従業員が悲しかったな〜。
弘人母は父親が生きていたとき、どんな母親であり妻だったのかな・・従業員だってたった3人しかいないのに・・
個人的に、悪人がいないドラマが好きなので、どうして弘人の身の回りにこんな人たちばかりいるの?余さんの良さが生かされていないとか。どうしようもない運命の糸に・・っていう設定じゃなかったのね。その辺りのお話の持っていきかたが残念です。
でも、ナオの行動力もある素直さが小気味良いです。
でもでも、弘人のような役をやっていると、ウタワラでの亀ちゃんの魅力がまた倍増です。
| 鶴は千年 | 2006/11/27 4:09 PM |
かめすみれさんこんばんは!
アンタ呼び嫌ですか。私はどっちでもいいです。呼び方どうでもいいです。でも、弘人は照れたり気まずかったりする時に「アンタ」呼びしてますね。耳攻めみたいな事は堂々とするのに、以外と純情なんですよね。
連絡とれない事も、のほほんとしてる菜緒が不思議だけど、こんな子なんだと素直にうけとめました。弘人の焦りはもっと見せて欲しかったですね。最後のシーンでわかりましたけど。
あ、弘人が口にシーってするとこだけが寒かった…寒くないですか?(笑)だけど、その後の弘人の穏やかで優しい顔で帳消し!
スムーズに5話の感想書けたみたいでよかったです。
| チャン | 2006/11/26 10:29 PM |
皆様同様、私も「あんた」には違和感を感じていました。
命を懸けてまで守りたいと思っている大切な人を
「あんた」って呼びます??
それなら「お前」の方がいいかな。
どうしてふとぅに「ナオ」って呼ばないのだろう。

特番で出演者のもう一度見たいシーンというのをやっていましたね。
ナイフのシーンで筋肉痛になってしまったという亀梨くんの発言を聞いて、素直にすごいなって思いました。
| ミルクティ | 2006/11/26 10:21 PM |
こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。
昨夜の弘人くんもキュンキュンくる表情見せてくれましたね。
が!私もあんた呼びはすごーーく嫌いなんですよね。
友達からでもそう呼ばれたら、それ止めて。
と言うのに、まして彼氏からはもっといやかも。。
おまえはいいけど。
なんで菜緒は入院中だけど、弘人に連絡取れない事に
焦りもなく、編み物なんてしてられるの?が一番の
不思議ポイントでした。
| うさぎ | 2006/11/26 4:28 PM |
7話  冒頭弘人がひとり佇んでいるところからもう 違う〜違う〜と思ってしまいました。今回も演出が岩本監督じゃなかったんです。 4話僕の怒り、君の涙では演出をかえた効果を感じましたが 7話は・・・予告がよくできていただけに ちょっと気が抜けた感じでした。
でも、スーちゃん母の子供を守ろうとする思いと 会えないのね に そうしてください。頭を下げるところ あしたの朝飲むのよね には泣けて泣けて  7話はそこがメインかなあ 
亀梨を見るという点ではみどころは少なかったけど 最後の「ちょっとこうしてていい? 泊まる泊まらないは置いておいてさちょとここで・・・  置いとけよ  」・・菜緒を抱きしめるところ  好きだなあ   ふたりの今後が気になって気になってしかたありません。
| はな | 2006/11/26 11:01 AM |
ぁたしも「あんた」は嫌でした…。
関東でも関西でもない、名古屋住みですが…
せめて「お前」が良かったなぁと思いました。あれじゃぁせっかくの甘い言葉も、亀ちゃんが言う「綺麗な台詞」とやらも全部台無しだったなぁ…
みなさん同じような感想でちょっと嬉しかったんでカキコしましたっ♪
| さくら子 | 2006/11/26 10:09 AM |
私も、結婚に直結しているふたりの感覚が、(数十年前ならともかく)どうなのかな?って、感じてます。
それと、「いたいけな乙女」発言、爆笑でした!
私も、弘人=ヒロインというかシンデレラ、って思って書いてます。
| ヒメジョオン | 2006/11/26 9:53 AM |
おはようございます。
私が感じたのは、身分の違いから来る強さと弱さでしょうね・・・
ナオは裕福で周りに守ってくれる人が沢山いて、病気だからなお更守られてきたのかな・・・だからいざとなった時に自我を通すことも出来る。

弘人は貧乏で心に余裕がなくいつも不安で、尚且つ守らなければならない弟や家族や従業員がいる・・・でもナオを心から愛している。

でも本当に強いのは弘人だと思います。
不安だらけな生活から早く解放させてあげたいと7話をみて思いました。
それにしても弘人の母親!許せない!ドラマだと分かってても許せない!(笑)これじゃ弘人も身を引くよね・・・(悲)
| mama | 2006/11/26 9:21 AM |
いたいけな乙女発言を聞いた瞬間、かめすみれさんの弘人ヒロイン説が頭をよぎりさすがだわと感心、弘人のえっ?て表情も自覚なしの天然ヒロイン度アップでした。弘人をヒロインとして見た方がなんかしっくりきます特に7話。台詞をいつの間にかヒロインに置き換えてました〜
| ひろたん | 2006/11/26 8:18 AM |
私はそれなりに第7話は楽しみました。
みなさんほど深く読み込んでないのもあるけど・・。
奈緒がどんどん強くなっていってて、
弘人がはかなく見えてくるのは気のせいでしょうか。。
亀ちゃんの演技は特に下手とは思いませんでした、
今回の第7話は奈緒の描写が中心ぽくって弘人の見せ場が
少なかったからかな・・とは思いました。
弘人もれん君とくじらを作る事で連絡をとれない不安を
消したかったのかな、イブには奈緒に会えると信じたくて。。第8話が楽しみです。予告をみて心配に。。
| 亀デビュー | 2006/11/26 7:57 AM |
いつも、ドラマにどっぷりはまるのに、今回は、何故か
白けてしまいました。亀ちゃんの演技もよく思えなかったのは、私だけ? こんな時に限って、主人が、少し見ていたのが
悔しい(亀ちゃんの演技下手)と思われたら大変だから、追い払いましたが。
でも、予告では、期待がありそうですね。
| まる・るま | 2006/11/26 2:51 AM |
私も「あんた」いやです。
もう気になっちゃって気になっちゃって……。
私は生粋の関東人ですが「あんた」呼ばわりはされたくないです(涙)
いつもは萌え萌えの船の上のシーンも、何だか今回はやりすぎ?ただのバカップルに見えてきちゃったのは私だけでしょうか?
その分最後に弘人が遺憾なくヒロインぶりを炸裂させた丘の上のシーンは大大好きで涙ものでしたが。
ま、たとえどんなドラマでも<ぬるさ>はついてきちゃいますよね、、きっと。
土9という枠の制約も大きい気がします。
| ぷうちん | 2006/11/26 2:42 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE